ブライダルハウス島田

  • 銘「招福珀」は
    駒羽二重を一指一爪毎に手で絞り上げた生地に
    冠の華「富貴」を刺繍で仕上げた贅沢な作品です。

  • 銘「華奉珀」は
    作者「章」の代表作です。

    伝統工芸師の名人が
    珀箔と銀箔と螺鈿泊を張り重ねた
    芸術の逸品です。

    御祓の無垢をお召の花嫁・花婿の未来を清め
    未来の幸せを祈り上げた御衣裳です。

  • 銘「富貴寿珀」は
    御祓乃無垢の中でも最高級の祈りのうちかけです。

    駒羽二重の広巾の生地を
    一指一爪で織り上げた総絞りの生地に
    銀彩と刺繍で創り上げた贅沢な逸品です。

  • 銘「のし寿珀」は
    作者「章」の会心の作です。

    絢爛豪華な熨斗目を
    清楚に品位に創り上げた祈りの衣です。

    神様の御前で祈り、誓い、契る、
    うちかけこそ最高の逸品であるべきだと信じた
    作者「章」の歴史にのこる祈りのうちかけです。

  • 銘「菊翔珀」は
    凛とした格式の菊に飛翔の千羽鶴を配した
    めでたさのうちかけです。
    伝統工芸の中でも特別な
    憧れの金彩工芸を刺繍の妙を得て創り上げた
    祈りお打掛の代表作です。
    作者「章」の逸品として
    金彩工芸の歴史に遺る打掛でしょう。
    御祓の無垢をお召の花嫁様・花婿様の未来を清め
    未来の幸せを祈り上げた御衣裳です。
    佳き時の縁、佳き人々との縁、佳き物との縁、
    総ての喜びに恵まれる縁を祈り
    清め上げた最高級の白無垢です。

ブライダルハウス島田ではWEBに掲載されている衣装の他にも多数取り扱っております。詳しくはお問い合わせください。


  • 雄大な富士山となだらかな裾野の情景を辻が、
    花調の花々を配して友禅と総絞りで表現した
    打掛着物ならではの総絵羽の柄付けで
    富士山という堂々たるモチーフをダイナミックにあらわした秀作です。
    霞を金駒刺繍でなぞり、峰の稜線に銀糸で刺繍を施して
    絞りの立体感にさらなる重みと奥行きを加味しています。
    春のうららかな空気がただよっているかのような
    やさしい趣が魅力の一着です。

  • 御所車や槍扇、慢幕などの
    王朝の趣に溢れた意匠を
    細やかな友禅であしらい
    さらに卓越した技術による手刺繍を全面に施した
    この上ない格調高い華やぎに満ちた1着です。

    スッキリとした乳白色に
    重みのある抑揚の効いた配色が引き立ちます。

    香を薫き染めたような高貴な風情は
    高級感のある花嫁を演出します。

  • 金箔で沙綾型の地紋をあしらった
    乳白色の地にこっくりとした色彩で
    鶴、花丸を始めとして
    四季折々の花々、亀甲、七宝などの
    割付文様、貝桶、扇面といった
    王朝文様格調高くおめでたい意匠を
    総絵羽の唐織で織り成した贅沢な1枚。

    溢れる色彩にふっくらとした織物の風格は
    おめでたさに満ち溢れています。

  • こげ茶紫の地色に白と紫濃淡の色使いで、
    四季花を総刺繍で表現したシックな地色に合う
    最少限の色使いで柄を表現する事で今までの和装には無い
    由美ならではのエレガントな打掛を作り上げ
    総刺繍のボリュームと色使いが斬新な打掛です。

  • ちかけは絹の華、絹の祈りうちかけは
    絹の宝石銘「錦寿雪輪」は花嫁の門出を祝う衣です。
    今昔の人々に愛され磨かれた吉祥文様を
    一襲(ひとかさね)のうちかけに求めました。
    喜びの色虹に定まりの色黒で染め分けた大胆な雪輪取りに
    金彩工芸の贅を尽くして創り上げた最高級の儀式の衣です。
    金彩の道に人生を賭けた職人ならではの格式高いうちかけです。
    作者章の誇り高き逸品です。

  • 古来より長寿の象徴とされ、
    尊ばれている白鶴は端整な姿で人々を魅了し、
    優雅に舞いはばたく様は佳日の慶びを謳い上げているかの用です。
    また、百花の王と讃えられている大輪の牡丹や
    幾多の試練を乗り越え雄々しく茂る松等
    四季を飾る麗々しい花々をふんだんに描き上げ、
    女性らしい華やなか雰囲気を表現しました。
    雅やかな御所車が一層豪華さを添えている
    格調高い御婚礼衣裳です。

  • 優雅に羽ばたく鶴をモチーフに、
    赤から紺に暈し染した地色に秋草を金彩の輝きで埋め尽くしました。
    飛び舞う鶴と咲き誇る花を繊細な刺繍で表現し、
    華やかでありながらもすっきりとした印象の逸品。
    花嫁様の輝く幸せな一日を彩ります。

  • 歴史深い琳派の柄でありながらも優しい色使いで、
    可愛さもある打掛。
    光琳桜が春の風にたなびく風情友禅と刺繍で表現。
    花嫁様の特別な一日に相応しい逸品です。

  • 最高級丹後ちりめんで製作された大蘭地模様に、
    京友禅スーパーインクジェットプリントで
    二次元の技法を取り入れた色打掛です。
    生地は光沢ある大蘭の花を織り込み、
    染模様には複数の花々を取り入れ可愛らしい
    黄色地ベースに染め上げました。

  • 古来より幸せのモチーフに使われてきた
    亀甲文様を現代風にアレンジしました
    白地に描かれた松竹梅や花々一つ一つが
    くっきりと浮かび上がり色鮮やかで
    華やかな雰囲気の打掛にしあげました
    花嫁様の幸せな一日を彩る特別な衣裳になることでしょう

ブライダルハウス島田ではWEBに掲載されている衣装の他にも多数取り扱っております。詳しくはお問い合わせください。


  • すがすがしいイメージで作り上げた白紋付です。
    グレーから白へ縦暈しがおしゃれな
    新郎袴オーソドックスな白でありながら
    モダンな雰囲気が香る印象的な一枚です。

  • 着物を明るいライトブルーにすることで、
    程よいメリハリをつけ凛々しい紺色の羽織は
    金糸の裾絵羽重ね松地紋で新郎に華を添えます。
    袴の亀甲模様は織り込む金糸に強弱をつけ、
    斜め柄にしてシャレ感を意識しまし。
    花嫁に劣らず男の晴れ姿を演出します。

  • 七宝文様は七宝つなぎともいい
    輪は総てを統一した根源すべてが連なって
    四方十方に広がることから、
    吉祥の意味を持ち古来の割付文様をモチーフに織りで
    無限の空間と時間の広がりをイメージし、
    製作銀の箔糸で立体感のある七宝文様を織り出し、
    古来の割付文様をモチーフにの銀の箔糸で
    立体感のある七宝文様を織り出し、
    さりげない煌めきをたたえた一着に仕上げました。
    深いグリーンは新郎様の優しい表情を
    いっそう引き立てかつ洒落感溢れる着姿を演出します。
    立涌とは水蒸気のことを古くは雲気といい、
    それが立ち上る様を見立てた文様。やがて天に宇宙に・・・

  • グレーから白にそしてまた黒へと羽織に段暈しを施しました。
    黒から白へのモノトーンの段暈しを施しました。
    黒から白へのモノトーンの暈し色がお洒落で凛々しさも兼ね備え、袴と紋付のコントラストが綺麗でお洒落な新郎にお薦めです。

ブライダルハウス島田ではWEBに掲載されている衣装の他にも多数取り扱っております。詳しくはお問い合わせください。